>

大切な家族を送り出すためにどんな家族葬がいいか

このコラムをシェアする

お葬式というもの

ところで、そもそもお葬式というのはどういったものなのでしょうか。

お葬式は、亡くなられた人を弔うためにする祭儀のことを指します。
一言でお葬式と言っていますが、そのお葬式ごとにそれを行う家や故人本人の死生観や宗教観が大きく反映されていきます。
きっと行かれたことのある方ならお分かりでしょうが、その家ごとに違いが実は存在しているのです。

また、一見お葬式は故人の最後の舞台のように、故人のためにするものだと思われますが、実際には残された遺族や友人たちのために行われている部分もあるのです。
故人との突然のお別れでなかなか心の整理がついていない方が大半だと思われますが、お葬式という儀式できちんとお送り出すということで、残された人たちも故人に改めてお別れを言えるというわけです。

お葬式の流れ

そんなお葬式はどういった流れで行われていくのでしょうか。
ここではごく一般的なお葬式のことをお話したいと思います。

まずはお葬式の前夜(だいたい亡くなられたその日に行われることが多い)にいわゆるお通夜を行います。
だいたい翌日のお葬式に出られない人たちはこのお通夜で故人にお別れを告げていきます。
実は、お通夜の日は夜明けまでろうそくの火を絶やさないようにしていきます。
なぜかと言うと、ろうそくの火は魔除けの意味があるからです。

そしてお葬式当日には、お坊さんを呼んでお経を読んだりお焼香をして、故人とお別れをします。
それが終わりましたら、親族のみで出棺をしていきます。
そのとき棺の中に故人の思い出の品を入れたりして、骨をツボに入れて終了になります。