>

ところで家族葬ってどんなこと?

このコラムをシェアする

家族葬とはなんなのか

今やほぼ主流になりつつある家族葬とはどういったものなのでしょうか。

家族葬とは、故人の家族や親族、そして親しい友人や知人などの本当に身近な人たちだけという少人数でこじんまりとした雰囲気で行うお葬式のことを指します。
それは前もって故人が遺言として残している場合もあれば、遺族の意思で決まることもあります。
どちらにせよ、故人や遺族の意見で決まっていることが多いです。

ただ最近はそんなに大々的にしようとしている人が減ってきているというのもあり、一般的なお葬式と比較すると家族葬の割合が増えてきています。
その流れもあり、どの葬儀会社も家族葬を推してくるところが多くなり、中には家族葬専門の葬儀会社も出てきています。

密葬との違い

家族葬をお考えの方や、よく内容を知らない方の中にはいわゆる密葬との見分けがつかないなんてこともよくありますし、現に家族葬を行った方も密葬と間違われたという経験がおありの方が結構いらっしゃいます。
その二つの違いはなんなのでしょうか。

密葬の場合は、出棺等は家族や親しい人たちだけという部分は家族葬と同じなのですが、後日に改めていろんな人たちを招いて本葬やお別れの会を行うということが多いです。
よく芸能人や著名人はこのパターンを取られていますね。

実のところ、本葬やお別れの会を行わず身内だけで行うお葬式のことを密葬と以前は表現していましたが、家族葬が浸透してきましたので区別をつけるために呼び方がそう変わりました。