>

素敵な家族葬を行うには

このコラムをシェアする

家族のみだというのを強調する

家族葬を行うにあたってなによりも大切なのが、本当に家族でお送り出すということをきちんと強調しておくことなのです。
そのため、他の方から参列やお香典を申し入れられましたら、はっきりとお断りしておくようにしましょう。

しかし、故人に強い恩義を感じている方やある程度親しくしていた方の中には、どうしてもお別れがしたいと粘る方がいらっしゃいます。
さすがにせっかくのご厚意を無下にしたり変に角を立てるのもなんだか申し訳ないですし、なによりも故人が悲しみますよね。
そういった場合は、家族葬にするのは故人や遺族の意思ですでに決まっているものだというのを告げて、後日お香典だけ受け取ったりお墓参りに行くということも可能です。

誰々呼ぶかも決めておこう

家族葬に関して意外ともめたりするのが、誰と誰を呼べばいいのかということです。
それも事前にはっきりとさせておくようにしましょう。

実は、家族葬を経験された方で大半の方がどこまで呼ぶものなのかということで悩まれています。
と言いますのも、誰彼呼んでいたらその現場がごちゃごちゃしてしまいますし、かといって呼ばないと角が立ってしまうことも十分ありえます。
そのため、ここからここまでの間柄の人たちを呼ぶというボーダーラインはとても大事なのです。

もし呼ばない身内の方がいらっしゃったら、後日に別口でお別れする機会を設けてあげるようにするといいのではないでしょうか。
それだけでもお互いに気分がよくなるのではと思います。